生活経済ジャーナリスト、ファイナンシャルプランナー、和泉昭子の公式サイ ト > Blog ~和泉昭子の「くらしと経済」

Blog ~和泉昭子の「くらしと経済」くらしに関わる経済情報や和泉の近況を気ままに綴ります。

ライフプランの見直し

毎年お正月には、自分の資産ポートフォリオとキャッシュフローの見直しをしています。キャッシュフロー表は、今後のライフプランに基づいて家計収支を試算する表(和泉のHPの右端に置いてある「TOOLS~キャッシュフローシート」で作成できます。2014年版は1月半ばくらいにアップする予定)。いつまでどのくらい働くかといったワークプランに基づいて収入の見通しを立て、同時に将来にわたる支出予想を入れて、将来の貯蓄残高の推移を確認します。

私の場合、将来の収入の見通しを立てるのは難しいので、先にどんな暮らしをしていきたいかをイメージし、どれくらいのお金が必要かを考えて、それを実現するにはどれくらい働き、あるいは資産運用をしなければならないかを、あれこれ試してみるという感じでしょうか。

で、久々にCF表を見直してみて何より強く感じたのは、この先、そう長くは働けないんだということ。「あらら、人生、もうこんなところまで来てましたか~」と、しみじみしてしまいました。わざわざ表を作らなくても引き算すればわかりそうなものですが、一覧で見ることで改めて深く認識できるのです(以前、弊社のメンバーがCF表を眺めて、「子どもが独立するまで6年かあ。子どもと一緒にいられるのも意外と短い」と言っていたことがありますが、そういうことにいっぱい気づく機会でもあります)。

私は自営なので定年は自分で決められますが、逆にいえば、もっと早い時点で仕事がなくなるリスクもあるわけで、少しでも長く、社会から必要とされる存在でいるために、一日一日を大切に、丁寧な仕事を重ねていこうと思いました。

2014年、スタート!

あけまして、おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

今日初詣に出かけた増上寺の境内では猿回しのイベントが行われていたのですが、ご祝儀に1000円札を出している人が多くて驚きました。猿回しのお姉さんが「まあるいお金より四角いお金が嬉しい」とリクエストしたせいもあるのですが、 ない袖はふれません。それだけ景気が良くなったということなのでしょう。

アベノミクスが始まって1年余、資産家や大企業の方たちからは、けっこう潤っているという話を聞くようになりましたが、私のセミナーに参加してくれる一般的な主婦や高齢者、OLさんの9割は、昨年末の時点でも、「まだいいことは起きていない」という反応です。

今年は、多くの人たちに恩恵がいきわたり、笑顔が広がるといいですね。アベノミクスの正念場は、ここにあると思います。

 

祝! 東京オリンピック

オリンピックは新興国に譲ったら・・と思ってきましたが、
最終のプレゼンを見たからでしょうか、
開催地発表の瞬間、一緒になって緊張している自分にビックリしました。
確かに、国民をつなぐ大きな目標ができ、日本がゲンキになると思うとワクワクしますね。

一方で、「自宅に戻れずに避難したままなのに、オリンピックなんてどこの国の話?」と呟いていた福島の人の声が頭から離れません。
どうか、東京や、強い人・持てる人だけが潤う7年間にはなりませんように。
そのためには、パラリンピックに参加する選手たちが不自由を感じない優しい街づくりを徹底し、
来たるべき高齢社会に備えて、日本中、世界中のお手本にすることが肝要でしょう。

そして、数年間の”オリンピックバブル”にごまかされることなく
オリンピック景気による経済の勢いがあるうちに
根源的な社会保障や財政問題に真正面から取り組むことをやめないよう、見張っていくこと。

私自身も、自分にできることを考えてみようと思います。

大胆すぎる金融緩和策を味方に!

先週、黒田新総裁の下、初の日銀の政策決定会合が開かれ、マネタリーベース・コントロールの採用や、長期国債買入の大幅な拡大&年限長期化など、量・質の両面から、これまでにない大胆な金融緩和策が決定されました。これを受けて、5日の長期金利は一時、過去最低の0.315%まで低下。今週に入って一段の株高・円安が進んでいます。

急展開の相場に乗り遅れた人、なんとか乗っかろうとしている人など様々ですが、私のまわりの団塊Jr.世代には、消費税増税&インフレ実現前の今、史上最低水準の低金利を最大限活かして、住宅購入を決める人が増えています。

私自身は既に住宅を購入済みで、ちょっと前まで自慢だった2.0%の10年固定型ローンが、なんともはや色あせ、高金利に感じられるので、ローンの借り換えをしようと検討しました。ただ、幸か不幸か残りの返済期間が短く残債も少ないので、一定の手数料を払って借り換えをしても効果が少ない感じ。つまんないの。もし、みなさんが残債1000万円、金利差1%、期間10年以上のローンを抱えているなら、今、ぜひ見直しの検討を!

おひとりさまのご家族は、必見です!

1月23日、NHK「あさイチ」に出演します。
テーマは「どう付き合う?”シングルのきょうだい”」
シングルの兄弟姉妹をもつ主婦の方の不安、シングルの言い分、親ごさんの心配など
さまざまな視点で、新しいファミリーのありようが綴られていきます。
私は9時台前半に数分間の出演ですが
シングルの方&シングルのご家族をお持ちの方は、ぜひ全編ご覧ください。

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

2012年の日経平均大引けは、10395円18銭と昨年の最高値を記録。
2013年の大発会も1万604円50銭で寄り付き、その後1万700円台をつけています。
新しい年への期待の大きさが伺えます。

一方、アメリカも上下両院で「財政の崖」がひとまず回避され、
一時、1ドル=87円台後半の円安・ドル高に。

株高・円安は、日本経済にとって好ましい材料。
このところのちょっと華やいだ雰囲気には、”懐かしさ”すら感じられます。
新政権はこれからが本格始動で、実力のほどはわかりません。
マーケットの影響が経済の本質的な部分に飛び火して、
このまま本格的な景気回復へ結びついてくれればと願うばかりです。

景気の「気」は、気分の「気」。
まずは私たちの心持ちを明るく、
そして、新たな一歩を踏み出しましょう。

 

 

どんな働き方でも、いつからのチャレンジでも・・

秋口からオンシーズンに突入し、あまりの忙しさに、ブログの更新をさぼってしまいました。

さて、10月以降、議論に参加させていただいた、厚生労働省の「非正規雇用労働者の能力開発抜本強化に関する検討会」が、18日、最終回を迎えました。

以下が報告書の概要です。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002rlop.html

価値観が多様化する中
「ステイタス」としての正規・非正規ではなく
どの人にとっても、自ら選んだ働き方と誇れるようになるといい。

たとえ社会に出る最初の段階でつまづいても
出産、病気、勉学などのために一時、仕事から離れても
人生のどの段階からでもやり直せる、そういう環境を整えたい。
私がこだわったのは、その点です。

“すごい人”に学ぶ

昨日の「報道ステーションSUNDAY」は響く内容が多かった

建築家・安藤忠雄さんのインタビュー。
大阪の下町にある長屋で育ち、大学に進学せず独学で建築を学び、世界中の名建築を見てまわったという。若い頃に造ったコンクリートの長屋は生活には不便で酷評されるが、サントリーの佐治社長の目に留まり、サントリー美術館の設計を依頼された。佐治社長は彼の長屋を、「勇気がある設計」と評したらしい。
司馬遼太郎記念館は、司馬氏が好んだ雑木林をイメージして設計したそうだが、周囲の個人宅の壁まで塗り替えたとか。建物自体は素晴らしいが、周囲の風景が邪魔して、台無しになることはよくある。それでも、そこは自分のテリトリー外だからとあきらめてしまうのではなく、周辺まで一体化させることを発想し、実際に状況を変えてしまうところが凡人ではない。著名な建築家だからなせる業と断じるのはたやすいが、私たちは試しもしないうちから、「そこまでするのは難しい」と一定のフレームで括り、自らを縛ることも少なくない。新しいものを生み出す人はきっと、そのフレームがないのだ。

番組後半では、イチローの活躍が報じられた。
今年7月、「若い選手が多いチームの未来のため、自分がここにいるべきではないのではないか」とシアトル・マリナーズを去り、ニューヨーク・ヤンキースに移籍した。その際、私は「ピークアウトした後、自分の立ち位置を探すのは難しい」と思ったが、イチローは違った。
「イチローはヤンキースになかったものを持ってきた」と語るファン。ホームランという一発に頼っていたヤンキースが、盗塁を決め、どんな場所でも守り抜くイチローが加わったことで、機動力のあるチームと変わり、攻撃の幅が広がったという。

現実に慣れすぎて、小さな枠組みの中だけで考えないこと、
どんな環境でもそこに欠けているものを探して、
自分の立ち位置を明らかにし、全力を尽くすこと。
今の私に、必要なことだ。

敬老の日に思うこと

65歳以上の人口が3000万人を突破したという。
つまり、総人口の約4分の1が高齢者というわけ。
65歳未満でも既に一線から退いている人は少なくないから、
リタイア世代の割合はもっと大きい。
一方、進学率の上昇&モラトリアムの延伸で、
若い世代の労働力率も低下している。
残る5割強の現役世代だけで、
社会全体を支えていくのは無理な話というものだ。
しかも、労働の中心的な担い手はいまだ男性。
膨大な数の高齢者や子どもたちに加え、元気な現役女性まで、
現役男性が背負っていくのは厳しいだろう。

つまり、これからの時代、望むと望まざるとにかかわらず、
専業主婦というライフスタイルはほとんど見られなくなるということだ。
経済のパイが小さくなり、がんばって働いても収入が伸びない社会。
しかも、社会保障や少子化支援の負担が増大し、
手取り額はいっそう減っていく。
お父さんだけ働けば、
家族全員が安心で楽しく暮らせる時代は、終わりを迎えつつある。

前提にしていた常識が崩れれば、
キャリアの選択も家庭内の役割分担も子どもの教育方針も変わってしまう。
超高齢化社会へのスピードは半端じゃない。
社会がどうなるのかを見据えて、個人の生き方もみつめ直そう。

キャリアのコア

先日、少し前、自分のキャリアを振り返り、「私には、どうしてもかなえたいという夢や一貫性がない」と旧い友人にぼやいたところ、
こんなメールをもらいました。

もう数十年前、いずみあきこからもらった手紙の内容を、今も憶えてる。
初めてラジオの仕事でアナウンスをした時のことが書かれた手紙。
「私の声が遠くの知らない人たちに初めて届く」と書かれた文面に
いずみあきこの思いの深さや強さを感じて・・・(略)。

「自分の考えをより多くの人に伝える」という意志は今も一貫していると思うし、
しかも今は、原稿を機械的に読むだけでなく、
自分の考えを自分の声で
たくさんの「遠くの知らない人たち」に伝えているのだから、
一貫した生き方と言えるのではないか・・。

そんなふうに思ってくれる人がいるとわかっただけで
なんだかずいぶん救われた気がしました。

ここ数ヶ月、大学生のキャリア・カウンセリングをしているのですが彼女も先日、自分のやりたいことを明確にできずに悩んでいました。

私の声が遠くの知らない人たちに届く――。
こんなたわいないことでも、キャリアのコアになると知ったら
少し勇気が出るのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「年金なんて掛けんでええ・・」?!

先日、老後資金に関するワークショップをやっていたら、既に年金を受給していると思しきご婦人が、「ムスコには、『どうせあんたたちの頃には年金なんてもらえないから、年金なんて掛けんでええ』と言っている。タンス預金のほうが何ぼか得だわ」とおっしゃっいました。すると、「うちも!」「うちもそう言ってる」「かけ損だわね~」と複数のご婦人から賛同の声。

そうだったのか。最近、年金を払わない若い人が増えていると聞くけれど、その背景にはこうしたお母さまたちのアドバイスがあったのか・・。目からウロコの出来事でした。

公的年金制度の土台が揺らいでいるのは事実。少子高齢化の日本で、ピラミッド型の人口構造を前提とした今の制度はたしかに危ういといえるでしょう。しかし、耳に入る断片的な情報だけで判断してしまうのも危険です。

社会保障制度である年金を、損得だけで捕らえるのは邪道ですが、ここではあえて、個人の損得勘定で考えてみたいと思います。

公的年金の1階部分にあたる基礎年金には、国庫負担(税金)も1/2入っています。そのため、税金を払っている人が、保険料を払わずに無年金になるのは損と言えるでしょう。また、年金の給付は老齢年金だけでなく、障害年金や遺族年金もあります。その保障を民間の生命保険で賄おうとすれば、保険料は相当な額になり、年金に加入しているほうが有利です。

そもそも、日本の年金制度は賦課方式。子ども世代が払う保険料で、今の高齢者の年金を賄っているのです。保険料を払わない人が増えて、本当に制度が破たんしてしまったら、昔のように、子どもが親の老後をみなければならなくなる。危ないからイチ抜けたというのではなく、社会全体で高齢者を支えるこの大切な制度をどうすれば維持できるか、真剣に議論することが大切なのではないでしょうか。

ご挨拶

こんにちは。和泉昭子です。

このページでは、日々のくらしや仕事に関わる経済情報を中心に、記事をアップしていこうと考えています。
タイトルの「くらしの経済」は、アナウンサー時代、レポーターとして参加していたNHKの番組名からお借りしました。
立場は変わっても、世の中の動きが私たちの生活にどう関係しているのかを説明し自分らしく生きるために、どう対処すればいいかのヒントをお伝えするのが私の仕事だからです。

とはいえ、最近の日本経済の厳しさは、家計をコントロールするだけでは対応が難しいのも事実。
そこで、稼ぐ力をアップするため、スキルやコミュニケーション力を磨くための情報提供も合わせてしていこうと考えています。

忙しかったり、心に余裕がないときにはサボるかもしれません。
が、気楽に、気ままに、心のままに、綴っていこうと思いますので時々覗いてくださいませ。